過去問やってますか? | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 10月 4日 過去問やってますか?

こんにちは!

担任助手の小口です。

 

だいぶ涼しくなってきましたが、皆さんは体調崩したりしてませんか??

私は少し風邪気味らしく

若干喉の調子が悪いです…

雨の中部活やってたからでしょうね笑

 

さて、早いものでもう10月ですね!

過去問に取り組み始めてる人もと多いと思います。

今日は過去問の進め方について

書きたいと思います。

皆さんは、過去問どのくらいのペースでやっていますか?

 

私はこの時期、

1週間に1カ年分×2校分

はやっていました。

しかし、全科目ではありません。

第一志望校は理科(記述)については2科目必要だったのですが、

化学が苦手すぎて、過去問解けるレベルではなかったです。

私の第一志望校の化学はなかなか難しかったので、とにかく基本問題ができるように問題集で演習していました。 なので、過去問は、私大と第一志望校の化学以外を解いていました。 皆さんの中には、 まだ受講が終わってないよ…って人もいるかも知れません。 しかし、きちんと受講もおわり、過去問に取り組める科目もあると思います。 終わってない科目も、まずは1年分解いてみて、どんな問題が出るのか確認しましょう。

ところで、なぜ1週間に1年分やるかというと、今やらないと終わらないからです。

今から1カ年/1週間でやると、10年分やるとなると終わるのは11月末か12月の頭くらい。 12月はセンター対策に入る人が多いと思います。 それまでに10年分やりきるためには、最低でも1カ年/1週間というペースが必要です。 また、早めに終わらせることで、第一志望校だけでなく、他の志望校の対策する時間も増やすことができます。

そして、過去問をやる上で最も大切なのは

過去問分析をしっかり行うこと!

過去問分析シートには、所要時間や正当数など書く事が多いとおもいますが、しっかりと分析シートを書くことで、その大学の特徴や自分の苦手な分野などが明確になっていき、

それを参考に志望校対策がよりしやすくなります。

最終的には、過去問と分析シートが最大の武器になります。 分析するときは、難しかった、できなかった、では終わらせないで、

なぜできなかったのか、どうしたら次は解けるようになるのか。

をしっかりと考えていきましょう!

  あとは、実際の試験時間で全力で解くこと! 土日も上手く活用して、過去問を進めましょう!!!