模試は受講の妨げ? | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2016年 11月 23日 模試は受講の妨げ?

 

こんにちは!

担任助手1年の金子です。

 

今回は自分なりに模試についての考え方について書いていきます。

 

今日は難関大・有名大本番レベル模試がありました。

まずは受験生のみなさん、お疲れ様でした。

 

今回の模試は志望校の過去問とは全くタイプの異なる問題ですよね。

あくまで各校の過去問を近似させたものだと捉えてください。

また、発展レベルの入試問題の前段階として必要な応用レベルの問題でもあります。

 

数学に関しては、解法を理解したうえで流れを暗記してしまうこともカギになります。

1ランク上の問題にステップアップするときは、前段階の問題を手がかりにしますよね。

必要な材料は確実に手に入れるように。何度も読んで流れは暗記しよう

 

それとともに、いつも自分が勉強している内容がどの段階の発展段階で、どの準備段階なのかを意識しましょう

自分の持っているパズルピースがどこに合うかを見失わないように。

模試は「応用」ピースを一気にかき集める機会でもあります。

 

重要なのは青写真が描けているかどうかです。

結局、パズルは本番までに完成させるものです。

目の前の模試に耽溺せず、合格までの段取りを反芻する機会として模試を活用しよう。

過去の記事