慣れる時間 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 2月 24日 慣れる時間

こんにちは! 担任助手の廣です。 段々と春の嵐が東京には来つつありますね…!

ですが

見てくださいこれ。一面の雪、吹雪です。 これは今月私が運転免許の合宿のため行った山形の様子ですが。 春の予感なし!!清々しい!! 現地の方に伺うとこれでも雪は少ない方らしいですが… こんななかギア操作やクラッチ操作に苦戦しながら免許合宿に行ってしました… 場所も変われば環境もガラリと変わります。 状況の変化にいち早くなれて行動をしないといけないのは、運転も勉強も同じ気がしちゃいました。

さて話はガラリと変わりますが、高1.2の皆さんはついに今の時期からあと少しで春休みに入るのではないでしょうか? 春休み…良いですよね。時間がありますし、暖かくなって来たので遊びに行くには最適な時期だと思います。

ですが!同時にこの時期、受験勉強に取り組むことはかなり重要です! 個人的に現在高2の、特に勉強が苦手な方には言えると思いますが この春が周りと差をつけられるラストチャンスといっても過言じゃないです! 理由よりも先に自分のパターンを見てましょう。

私は東進に入学したのは高2の1月末でした。本当に今の時期に受験勉強に向き合いましたね。 その時はとにかく英語は文法からわからない!古文なんてみるのも嫌だ!な、状態でした。 日本史選択で好きではありましたが、それでも点数も総じてめちゃくちゃ低かったです。(大きい声では言えませんが国語以外どの教科も半分に全くいかない点数でした) そんな自分はこの時期に取り組んだことは

勉強になれて苦手を普通にすること

これだけです。 結論からいうと”かなり”きつかったです。 だって今まで普段勉強してこなかった人間が4時間や一日中勉強に取り組んでいくわけです。 体は慣れてないし集中力は続かない、尚且つわからない内容だらけで理解と問題を解けるまでの応用にもの凄い時間を費やしました。 それこそこれからの春の時間丸々使いました。 ですがそのおかげで四月に入るまでには5時くらいの勉強は普通になっていましたし、6月には一日中勉強を取り組んでも自分の勉強パターンを把握し出来ていたので集中力を続けさせることができるまでになっていたので、他の人と変わらないかそれ以上の勉強スタイルを確立できました。 結果として他の人と大きくあった差は一気に縮めることができ、そのまま差を広げていくことで受験もうまくいくいったと思っています。

つまり、です。

勉強が苦手な人は勉強に慣れるまでにそれだけ時間がかかるということが言いたいんです。 今勉強が苦手だけど受験が間近に迫って来てる人と言う人は、大体がどうやって勉強するかで悩んでいると思います。 ですが、そう言う人はどう勉強するかよりいかに勉強になれて取り組み続けることができるかが個人的に重要だと思います。 勉強の方向は人それぞれなのでここでは触れません。ですが、勉強に慣れる時間は個人差はあれど同じはずです。 だってこれが例えば夏間近だったら? 当てはめてみてください。あの時間があって他の人が勉強頑張っている中、自分は勉強に慣れるとこから始めてるんです。 とてもじゃないですが、間に合いません。

勉強になれて長時間の勉強のなかでの自分のスタイルを見つけることが受験の中では重要です。 勉強になれていない人やスタイルを確立させていない人は、この他の人が遊ぶことが多いこの時期に自分の勉強と向き合い、四月にいいスタートが切れるように取り組んでいきましょう!

【明日の教室使用状況】

全室使用可能

【明日の勤務者】

高梨、柳浦、野上、三室、西水