定期テスト「期間」を活用してる? | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2016年 10月 9日 定期テスト「期間」を活用してる?

「定期テストは何割目標ですか?」

 

「10割です」

 

僕はいつもその意識で定期テストに取り組んでいました。

そういう割りに8割超えたことはほとんどありません。

上田です。

 

みなさんは定期テストが来たときにどういうことを考えていますか?

 

(赤点回避…30点超えなきゃ…)

(いやいや、受講バリバリやりますよ!!)

(やるきないっす)

 

色々な考え方があると思います。

 

そこで僕はこんなことを聴きたいと思います。

 

ちゃんと今後の受験のためになる勉強をしていますか?

 

ためになる勉強とはなんでしょうか?

「定期テストなんてしらない!!僕はこの時期に受講しまくってみんなより先取りしてやる!」

「定期テストも受講も平行しますよ!!」

「いやいや、定期テスト一筋です。」

 

僕は定期テスト一筋派ですが、大学生からこのブログを見ている人には

受講とテスト対策を平行した勉強をしてもらいたいです。

 

えー!中途半端に終わるじゃないですか!!そんなの無駄ですよ!て思う人もいるでしょう。

僕も高校生のときにそんな考えはありませんでした。

 

しかし、現実として、社会ではどのような人材が求められていると思いますか?

 

何事にも並行して取り組める人です。

 

ひとつのことに集中していると別の仕事を頼まれませんからね

 

今はそんなことを言われても納得がいかないと思いますが、定期試験対策しながら受講にまわしてみましょう。

 

両立できた生徒は今後大学生、社会人になれたときに上司、先輩から頼られるいい存在になれると思います!!

 

ちなみに定期テストってどう勉強すればいいんでしょう?

石田さんがそのことについてブログを書いてます。

 

是非是非このまま下にスクロールしてみて見ましょう!!