高2生へ受験までの長期的視点 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2018年 5月 22日 高2生へ受験までの長期的視点

こんにちは!担任助手の荻原です!

今日は、高1、高2生に向けて、

長期的な視点での受験に関する話をします。

みなさんは、受験までかなりの時間があると考えていると思います。

だから、

「今日は、受講やらなくていいや〜」とか

「まあ東進行かなくてもいっか!」とか

「勉強たりぃ〜〜」とか

思うことが多いんだと思います。

でも、実は

みなさんに残された時間って意外と少ないんです!!!!!

それは、様々なデータによって示されているのですが、

高2生のセンター同日試験で、高い点数を取っている人の方が

合格率が格段に高いのをご存知ですか?

これが何を示しているのかというと、

並大抵の努力では、高3になってからの逆転は難しいということです!

高3スタート地点での差を受験の終わりまでに埋めるということは、

受験は地頭の差ではなく、勉強量、勉強時間の差と言われることからも

とても物理的にも簡単ではないため、このように言われています。

つまり!裏を返せば、大学に合格するためには

今から受験生並の努力をスタートして、

センター同日試験で良い点を取れるようにすればいいんです!

あと240日しかないですよ!

詳しいデータなどは今週のグループミーティングで示されると思います。

少しでも危機感を覚えたら、チャンスです。 今から、第一志望合格に向けて頑張っていきましょう!!!

     

東進北千住校公式Twitter↓