スケジューリングをする | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 12月 14日 スケジューリングをする

こんにちは!

大野

です!

さあ

質問

です!

 

現役で難関大学に合格する条件は何でしょうか?

 

よーい…

スタート!

チッチッチッチ…

はい終了です!

自分で考えたことありますか?

もしくは教えられたことありますか?

 

これ、まず考えたことない人

 

考えてみてください。

 

1つではありません!

今日はその中で

大野が考える

1つの条件

 

をお話しします。

それが

緻密なスケジューリング

です。

 

ようは

「計画性があるかないか」

ってことです!

Qなぜ重要だと考えるのか?

A

①現役生は時間がないため、最短効率での学習が不可欠だから。

②最短効率で学習を進めるために必要な量や学力を逆算して把握する必要があるから。

極論この2点ですね!!

皆さんのなかには

「計画を達成できないから計画立てるの嫌です!」

みたいな声がよく聞こえるのですが

それは焦点がずれてますよ。

まず逆算して現状を見極め、計画を立てる【Plan】

その計画を実行に移す【Do】

実行に移した後、効果測定【Check】

効果を上げるために方法を変えてみる【Action】

この一連の流れが重要なんです!

計画は一発で実行、達成できる人はいません

 

ですから

常に目標を再確認しながら

長期的な成果を得られるように動いてみる

 

それが一番大事!!!

一歩進んでるライバルはこれが自然とできています。

これは大学生になっても

社会人になっても

活きてくるノウハウです。

”計画”

の認識

変えてみませんか?

Twitterからも情報を発信中!

↓↓↓フォローはこちらから↓↓↓