サイエンスセミナーについて | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 9月 17日 サイエンスセミナーについて

皆さんこんにちは!

担任助手の野部です。

もう少しで大学1年生の夏休みが終わってしまいます…

が、今年は合宿に2回行ったり、

TOEICを受験したり…

と色々な面で充実していたので、あまり悔いはないです。

 休み明けには第二外国語の試験が待ち構えているので、その勉強も真剣に始めます(笑)

さて、今回の本題に入ろうと思いますが、

皆さん「サイエンスセミナー」というものを知っていますか?

サイエンスセミナーとは、簡単に言えば、

最先端の研究を行っている教授の方々が、

高校生向けに分かりやすく研究内容を説明して下さる講義です。

 

今回は、

「”生きものづくり”への挑戦」

「電子の隠れた超能力の開拓:新奇な絶縁体から超伝導体まで」

をテーマに2人の先生が講義を開いてくださいます。

 

「興味のない分野だから、行かなくてもいいんでしょ」と思っている、理系諸君

「理系分野だから、文系の自分には関係ないんでしょ」と思っている、文系諸君

そんなに簡単に、

ノーベル賞受賞者と共同研究していたほど、偉大な先生方が壇上する

サイエンスセミナーの場に行く機会を逃しても良いのですか?

 

今習っている、または、習った範囲が、

これらの研究に少しでも結びつくと考えたとき、

将来、今勉強していることは何かの役に立ち、

無駄ではなかったのだと気が付くことができると思いませんか?

 

また、これから社会に出ると色々な人々と触れ合わなくてはなりません。

1つの物事に対して、他者からは自己と全く異なった意見が出てくるでしょう。

そこで衝突が起こることも、きっと少なくはありません。

 

「様々な視点から1つの物事を考える」ということを、

大学に進学する前の今だからこそ実践してほしいのです。

中間地点である大学受験を経験する前に、

「考える」ということについて熟考してほしいのです。

 

― 詳細 ―

日程:9月22日(金) 17:00~19:45

場所:帝国ホテル東京

対象:東進生1000名