やりま表について | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 11月 13日 やりま表について

1年の湯谷颯大です。

今はなんですかね?たぶんまだなんでしょうね。いやこれもう冬でしょ?なんて疑いたくなるような寒い日が続きますね。。

今日はお話しします。過去問やりま表について!!!(倒置法)

皆さんやりま表の更新は進んでますか?まさか知らないって人はいませんよね。

文字通り高3生一人ひとりの過去問の進捗を表にしたものです。

 

掲示して1か月ほど経つのですが、人によって進み具合が様々ですね。

10年分が終わりそうな人もいれば、まだ手を付けていない人まで。。。まあいろんな人がいます。

 

過去問はやったほうがいいです、絶対に。

「でも、過去問をやっても点取れないならやる意味がない」って感じる人もいると思います。

志望校にもよりますが、過去問で今の段階から合格点を狙おうとしていることが間違いです。

 

自分の志望校を受験する人は、必ずしも第一志望で受けに来ているとはかぎりませんよね。

第一、第二志望もしくはそれ以下の人も必ず受けに来ます。

つまり、自分より学力が高い人も大勢受けに来るわけですよ

 

残りの時間で学力が追い付かないとして、そんな人たちを退けて合格を勝ち取るにはどうすればいいか?

それは過去問研究です。研究して研究しまくる!

 

出題範囲、問題の傾向、どのような順番で書けば効率がいいか。

学力で勝てないならこういうところで差をつけないと起こる奇跡も起こらないと思います。

充分に演習ができてない人や、意味感じられなかった人も今週から過去問やり始めては???