おすすめの勉強法について(苦手な科目) | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 5月 15日 おすすめの勉強法について(苦手な科目)

こんにちは!

担任助手2年のカネコです。

 

昨日は3年の金子さんの

最後の投稿だったみたいですね。

は別れと出会いの季節、ということで、

校舎でもグループミーティング

今日から新しくなります。

 

新しい環境に慣れるのは

時間労力もかかりますが、

きっと成長した自分に驚くはず。

自分の可能性が広がるわけですからね。

自分はずっとFCサポーターですが。

 

今日は苦手科目の勉強法ということで、

自分が苦手だった数学を例に

いろいろと書いていきます。

 

自分がどのようにして

数学の勉強をしていたか。

 

結論から言うと、

数学をもっと知ることから始めました。

数学ってどういう科目なの?

とにかく色々な情報を集めるため、

アンテナを張りました。

 

ふと思い当たったのが、

中学か高校の先生だったかな、

 

「数学ほど素晴らしい教科はない。

その人のバックボーン、

例えば言葉や階級・教育に関係無く、

誰が数学の問いを証明し、語っても、

必ず同じ結論に辿り着く」

 

と言っていたのを思い出しました。

(この通りではないですが)

 

聞いた当時は、

特に心を打たれなかったのですが、

高3になってようやく理解し、

衝撃を受けたのを覚えています。

 

それから

東大特進の本庄先生や、

新書で出会ったポール・エルデシュなど

「数学家」を知りました。

 

彼らに共通しているのは、

数学を楽しむ姿勢。

「数学とは何か」を心得ているからこそ

楽しめているのだと思います。

 

それからは、

得意になったわけではありませんが、

数学への苦手意識は無くなりました。

 

苦手な相手のことを知ること。

勉強でも重要だったりします。

 

<明日の勤務者>

朝:カネコ

夜:五井、井野、中田、荻原、野部、三井、仙波

 

<明日の教室使用状況>

中等部:午前中不可

広い自習室:終日可