「アクション、結果、自己肯定」 | 東進ハイスクール北千住校|東京都

ブログ

2017年 12月 16日 「アクション、結果、自己肯定」

 

こんにちは!

担任助手2年の金子です。

 

今日は、成功体験を積むこと

大切さについて書いていきます。

 

最近ふと思い出すのが、

半年ほど前に読んだ

「思考は現実化する」

という本です。

 

いわゆる「成功哲学」、

成功のための心の準備

について書かれた本です。

著者のナポレオン・ヒルです。

 

これを少し受験に応用します。

 

受験が近づき、

自信が無くなってきた…

という人もいるかもしれません。

 

自信をつけるには、

思い込みが非常に重要になります。

 

思い込みといっても、

虚構から作り出すわけではなく、

過去の自分の実績から引っ張り出して、

「あの時、上手くいっていた」

と定義してしまうわけです。

 

「そんな実績はない…」

そんなことはないです!

 

どんな出来事も

「上手くいった」出来事として

認識することができます。

 

そのときのコツは、

屁理屈を使うこと。

 

え?と思うかもしれませんが、

意外と重要です。

 

あとは、そのときの自信を

何回もイメージすること。

 

自信がつく

行動に移せる

結果が出る

自信がつく

 

このサイクルの繰り返しが、

成功へとつながっていきます。

 

注意する点としては、

「結果」を、どの程度で「結果」

と見なすかということです。

 

少し自分が想定しているレベルより

低めに設定することが大事です。

 

そんなもんなんです。

 

Twitterでも情報発信中!!

↓↓↓フォローはこちらから↓↓↓

 

最新記事一覧

過去の記事